スマートホーム

スマートホーム

Alexaを自由に喋らせる方法(コマンドライン編)

PCやRaspberry Piのコマンドラインから、Alexa(Amazon Echo)を自在に喋らせる方法をまとめました。
開発者向け

Raspberry Piで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出(オリジナルモデルを用いた物体検出編)[4/4]

オリジナルの学習データを使って、Raspberry Piで物体検出を行う方法を全4回でまとめます。第4回目の最終回は、オリジナルのモデルを使ったTensorFlow Lietによる物体検出の方法をまとめます。
スマートホーム

Raspberry Piで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出(Raspberry Piの環境構築編)[3/4]

オリジナルの学習データを使って、Raspberry Piで物体検出を行う方法を全4回でまとめます。第3回目は、Raspberry PiへのOSやTensorFlow Liteのインストールなどの環境準備の方法をまとめます。
スマートホーム

Raspberry Piで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出(Google Colabを用いたモデルの学習編)[2/4]

オリジナルの学習データを使って、Raspberry Piで物体検出を行う方法を全4回でまとめます。第2回目は、Google colabを使った、TensorFlow学習データの作成です。
スマートホーム

Raspberry Piで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出(IBM Cloud Annotationsを用いたアノテーション編)[1/4]

オリジナルの学習データを使って、Raspberry Piで物体検出を行う方法を全4回でまとめます。第1回目は、IBM Cloud Annotationsを使った、教師データの作成です。
スマートホーム

AWS EC2でDeepStreamやCUDA対応のOpenCVを利用する方法

AWS EC2でDeepStreamやCUDA,CUDA対応のOpenCVなどGPU系の処理を行う場合の環境構築方法を備忘録としてまとめます。
スマートホーム

Jetson nanoで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出[5/5]  〜Jetson nanoを使った物体検出〜

オリジナルの学習データを使って、Jetson nanoで物体検出を行う方法を全5回でまとめます。連載の最終回は、学習済モデルSSD Mbilenet v2 cocoを使った物体検出と、オリジナルの学習モデルを使った物体検出の方法をまとめます。
スマートホーム

Jetson nanoで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出[4/5]  〜DeepStreamアプリを使いこなす〜

オリジナルの学習データを使って、Jetson nanoで物体検出を行う方法を全5回でまとめます。連載の4回目は、DeepStream SDKに付属のモデルを使って物体検出を試してみます。また、DeepStreamアプリへの出力形式・入力形式の変更方法も紹介します。
スマートホーム

Jetson nanoで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出[3/5]  〜Jetson nanoのインストール〜

オリジナルの学習データを使って、Jetson nanoで物体検出を行う方法を全5回でまとめます。連載の3回目は、Jetson nanoにJetPackを使ってOSやCUDAをインストールし、物体検出に必要なDeepStreamやTensorflowなどのソフトウェアをインストールしていきます。
スマートホーム

Jetson nanoで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出[2/5]  〜Google Colabを使ったTensorflowモデルの学習〜

オリジナルの学習データを使って、Jetson nanoで物体検出を行う方法を全5回でまとめます。連載の2回目は、Google Colabを使ってTensorflowの学習モデルを作成していきます。
タイトルとURLをコピーしました