スマートホーム

スマートホーム

AWS EC2でDeepStreamやCUDA対応のOpenCVを利用する方法

AWS EC2でDeepStreamやCUDA,CUDA対応のOpenCVなどGPU系の処理を行う場合の環境構築方法を備忘録としてまとめます。
スマートホーム

Jetson nanoで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出[5/5]  〜Jetson nanoを使った物体検出〜

オリジナルの学習データを使って、Jetson nanoで物体検出を行う方法を全5回でまとめます。連載の最終回は、学習済モデルSSD Mbilenet v2 cocoを使った物体検出と、オリジナルの学習モデルを使った物体検出の方法をまとめます。
スマートホーム

Jetson nanoで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出[4/5]  〜DeepStreamアプリを使いこなす〜

オリジナルの学習データを使って、Jetson nanoで物体検出を行う方法を全5回でまとめます。連載の4回目は、DeepStream SDKに付属のモデルを使って物体検出を試してみます。また、DeepStreamアプリへの出力形式・入力形式の変更方法も紹介します。
スマートホーム

Jetson nanoで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出[3/5]  〜Jetson nanoのインストール〜

オリジナルの学習データを使って、Jetson nanoで物体検出を行う方法を全5回でまとめます。連載の3回目は、Jetson nanoにJetPackを使ってOSやCUDAをインストールし、物体検出に必要なDeepStreamやTensorflowなどのソフトウェアをインストールしていきます。
スマートホーム

Jetson nanoで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出[2/5]  〜Google Colabを使ったTensorflowモデルの学習〜

オリジナルの学習データを使って、Jetson nanoで物体検出を行う方法を全5回でまとめます。連載の2回目は、Google Colabを使ってTensorflowの学習モデルを作成していきます。
スマートホーム

Jetson nanoで、オリジナルの学習モデルを使った物体検出[1/5]  〜IBM Cloud Annotationsを使ったアノテーション編〜

オリジナルの学習データを使って、Jetson nanoで物体検出を行う方法を全5回でまとめます。連載の1回目は、学習モデルを作成するための準備として、教師データをIBM Cloud Annotationsを使って作成していきます。
スマートホーム

MacBook Proの内蔵カメラで撮影した動画を Gstreamerを使ってAmazon Kinesis Video Streamsに配信する

Mac Book Proに内蔵されているカメラを使って、撮影した動画をGStreamerを使って、Kinesis Video Streamsに配信する方法をご紹介します。
スマートホーム

Jetson nanoで撮影した動画をAmazon Kinesis Video Streamsに配信してみる

Jetson nanoからAmazon Kinesis Vide Streamに動画を配信するために、GStreamer用のkvssinkプラグインをコンパイルし、AWS上でKinesis Video Streamsを設定する方法をまとめています。
スマートホーム

NVIDIA Jetson nanoで 4Kカメラは扱えるか? GPU(CUDA)を使った魚眼レンズ補正処理の性能を徹底検証

広い範囲を撮影したい場合に利用する魚眼レンズですが、魚眼レンズで撮影した動画は四隅が歪んでしまいます。今回はJetson nanoに搭載のGPU(CUDA)を使って、魚眼レンズの歪み補正処理をリアルタイム(4K@30fps)でできるか検証してみました。
スマートホーム

Gstreamerのcameracalibrateを使って、簡単に魚眼レンズの歪み補正を行う方法

広範囲の画像を撮影したい時に利用する魚眼レンズですが、撮影した画像は歪んでしまいます。今回は、Gstreamerのcameracalibrateエレメントを用いて魚眼レンズの歪みを補正する方法をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました