Node-redを使ってAmazon Echoに接続された家電を操作する方法(alexa-cookie2 v3.4.1編)

スマートホーム
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

最近はHueやIKEAのスマート電球、Tp-LinkやAmazonのスマートプラグなど、Amazon Echoに対応している製品が多く販売されています。これにより、声で「アレクサ、電気をつけて」と操作したり、スマホのAlexaアプリから電気をOnにすることができるようになりました。

Amazon Echoは家電をコントロールするハブになりつつありますが、声やスマホ以外から家電を操作したい場合があります。例えば、Alexaに対応していない温度計の値が35℃になったらエアコンをつける、WebAPIをインタフェースとして家電を操作するなどです。

そこで今回は、Amazon Echoに接続された家電をNode-redから操作できるようにしてみたいと思います。

設定手順

Alexa-remote2のインストール

Node-redを使ってスマートホーム機器を操作するためには、node-red-contrib-alexa-remote2とNode-redを使います。

①パレットの表示

Node-redの右上の「三」メニューから「パレットの管理」を選択します。

②ノードの追加

パレットの管理画面から「パレット」→「ノードを追加」タブを選択します。

③Alexa-remote2の追加

画面の検索欄に「alexa-remote2」と入力し検索し、検索結果に出て来た「node-red-contrib-alexa-remote2」の「ノードを追加」ボタンをクリックします。

④ノードの追加確認

しばらく待つとnode-red-contrib-alexa-remote2がインストールされるので「閉じる」ボタンをクリックします。

画面左側のパレットにも「alexa」が追加され7個のノードが追加されています。

Alexa-Routineノードの設定

①Alexa-Routineノードの追加

パレットからAlexa Routineノードをドラッグしてフローに追加します。次にAlexa Routineノードをダブルクリックして編集画面を表示し、Account欄の鉛筆アイコンをクリックします。

②Alexa Accountノードの設定

Alexa Accountノードの設定画面が表示されるので、This IP欄にNode-redをインストールしたホストのIPアドレスを入力します。

次に、下にスクロールして、Service Host、Page、Language欄を以下のように設定します。

③設定の完了

「追加」ボタンをクリックし、Alexa Accountノードの設定画面を閉じます。

次に、「完了」ボタンをクリックしてAlexa Routineノードの編集画面を閉じます。

④デプロイ

ここまでの設定をNode-redに反映するために「デプロイ」ボタンをクリックします。

⑤Amazon Alexaにログイン

「デプロイ」ボタンをクリックすると、Alexa Routineノードの下に「open <<IPアドレス>>:3456 in your browser」と表示されます。この指示に従って、ブラウザで新しいタブを開き「http://<<IPアドレス>>:3456」のアドレスを入力して開きます。

するとamazon alexaのログイン画面が表示されるので、お使いのアカウントとパスワードでログインします。

ログインが完了すると以下のような画面が表示されます。

⑥Alexa Routineノードの確認

しかし、Node-redの画面に戻り、Alexa Routineノードを確認すると「Unexpected end on JSON input」と表示され、エラーになっています。これはAlexa-remote2が日本語版のAmazon Alexaに対応していないためです。

Alexa-Cookieの変更

Alexa-remote2からAlexaを利用するためにはAmazon Alexaへのログイン時に取得したCookie情報が必要です。しかし、このCookie情報が日本語版のAmazon Alexaでは少々特殊なため日本語版に対応させる必要があります。

①Alexa-Cookieのバージョンを確認

Node-redをインストールしたホストにログインし、Node-redの設定ディレクトリ(通常はユーザディレクトリ内の.node-red)に移動して「npm list」と入力します。すると、以下のようにインストール済みモジュールが表示されるので、alexa-cookie2の欄を確認します。私のAlexa-Cookieのバージョンは3.4.1でした。

②alexa-cookie.jsを開く

設定ディレクトリ内の「node_modules/alexa-cookie2」にalexa-cookie.jsがあるので、これをバックアップ(コピー)して、テキストエディタで開きます。

③alexa-cookie.jsの変更

alexa-cookie.jsの261行目辺りにある「_options = __options;」の記載を探し、この下の行に「_options.baseAmazonPage=’amazon.co.jp’;」の行を追加します。

④proxy.jsを開く

次に、alexa-cookie.jsがあるディレクトリ内の「lib」ディレクトリにproxy.jsがあるのでこれを開きます。

⑤proxy.jsの変更

www.amazon.comとwww.amazon.co.jpは少し仕様が違うようで、181行目あたりにあるreturnedInitURLを以下のように変更します。

⑥Node-redの再起動

上記の変更を有効にするために、念のため、Node-redを再起動しておきます。

機器操作の設定

Alexa-Cookieの変更が完了したら、再度Alexa-Routineノードの設定に戻ります。

①Cookieの再取得

上でNode-redを再起動したため、ブラウザからNode-redの画面を再読み込みします。すると、Alexa Routineノードの下に再度「open <<IPアドレス>>:3456 in your browser」と表示されるので、ブラウザで「http://<<IPアドレス>>:3456」を開きます。

amazon alexaのログイン画面になったら、ログインします。

ログインすると、以下のようにエラー画面となります。

しかし、Node-redの画面に戻ってみるとAlexa Routineノードの下にReadyと表示されており、Alexa-RoutineからAlexaへのアクセスが可能となったことが確認できます。

②操作情報の入力

Readyになったら、Alexa Routineノードをダブルクリックして設定画面を表示します。そして、操作欄から「SmartHome」を選択します。するとAlexaと連携している機器が選択できるようになります。

そして、一覧から操作したい機器を選択し、Actionには操作方法を選択します。以下の例では、照明をオフにします。

一点注意点としてゃ、デバイス名が日本語の場合、文字化けしてしまうので、Alexa側で機器名を英語で設定しておくのが良いと思います。

③Injectノードの追加

最後にInjectノードを下のように追加し、ノード間を接続し、「デプロイ」ボタンをクリックします。

④テスト

それでは、Injectノードの左のボタンをクリックしてみましょう!!Amazon Echoに接続されている機器が動作しましたか?

おわりに

今回はNode-redにnode-red-contrib-alexa-remote2をインストールし、Node-redからAmazon Echoに接続されているスマートホーム機器を操作することをやってみました。

Node-redからスマートホーム機器を自由に操作できることが可能になったことで、Alexa非対応の機器との連携、WebAPIを通じた家電の操作、MQTTをベースとした家電操作など、自由度が格段にあがります!

関連記事

記事が参考になったら、ブログランキングに協力(クリック)して貰えると嬉しいです。
スポンサーリンク
naka-kazz

昼間はIT企業に勤めてますが、プライベートでは「育児×家事×IoT」をテーマに家のスマートホーム化に取り組んでいます。Androidアプリも作っているので使って下さい。質問・コメントは、↓のコメント蘭でもFacebookメッセンジャーでもどちらでも大丈夫です。
E-mail:naka.kazz.d@gmail.com

naka-kazzをフォローする
スマートホーム 開発者向け
naka-kazzをフォローする
育児×家事×IoT

コメント

  1. sneezy2k より:

    v3.2.1の頃から「Alexa-Cookieの変更」を参考にさせていただいてます。
    さて,naka-kazz様にお聞きするのが筋違いな気もしますが、お時間がありましたら教えて下さい。

    上記のとおり「node-red-contrib-alexa-remote2」で色々と遊んでいるのですが、何かの拍子にcookie再取得(amazon alexaの認証作業)を求められる状態に戻っているときがあります。特に操作しなくてもそうなるときもあります。
    これはどんな事が考えられるでしょうか?また、この認証作業を自動化することは出来るものでしょうか?

  2. zumi より:

    いつもありがとうございます!
    おかげさまでNodeREDからAlexaを喋らせたり出来るので、スマートホームのクオリティが格段に上がっております。

    ただ、一点だけ残念なことがあり、定期的にcookieが切れて(?)modeledのAlexa RoutineがReady」から「open your browser …」に戻ります。

    これって私だけですか?

    それとも何か対策していますか?
    常用だとなかなか大きな問題と感じています。

    何か知っていることがあれば教えていただきたいです!

タイトルとURLをコピーしました