Raspberry Piを使って家のリビングのテレビをデジタルフォトフレームにする方法

アプリ
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

最近はコロナで旅行にも買い物にも行けないし、ずっと家にいる人も多いのではないでしょうか?そんな時だからこそ「おうち時間」を充実させましょう!家のテレビ、使わない時はどうしていますか?私は電源を切っています。はい、当然ですよね。
でも、電源を切ったテレビって黒いし、部屋の雰囲気を暗くするんですよね。なので、今回はテレビを使っていない時に、少しでも旅行気分を味わえるようにテレビをデジタルフォトフレームにする方法を紹介します。

用意するもの

①テレビ

今回の主役のテレビです。テレビはHDMI端子が付いていればどんなものでも構いません。当然、家にあるものでOKです。

②Raspberry Pi 4(ラズパイ)

今回のもう一つの主役のRaspberry Pi 4です。Raspberry Pi 4は、2Gのモデル、4Gのモデル、8Gのモデルがありますが、デジタルフォトフレームにするなら4Gのモデルで十分です。Raspberry Pi用の電源ケーブル、HDMIケーブル(ラズパイ側はミニHDMI、テレビ側はフルHDMIなので注意してくださいね)、キーボード、マウスも用意してくださいね。

用意するものは以上2点です。

事前準備

①テレビとRaspberry Piを接続

まずは、Raspberry PiとテレビをHDMIケーブルで接続しましょう。次に、テレビの電源をつけ、リモコンの入力切替のボタンでRaspberry Piと接続したHDMIポートを選択します。この段階ではRaspberry Piの電源を付けていないので、テレビには何も映りません😄また、Raspberry Piにキーボードやマウスも忘れずに接続してくださいね。

②LineageOSとPlayストアのインストール

Raspberry Piを使って、テレビをデジタルフォトフレームにするにはAndroidアプリの「タブレットdeフォトフレーム」を利用します。このため、まずはRaspberry PiでAndroidアプリを動作可能にするために、以下の記事を参考にLineageOSとGoogle Playサービス(OpenGApp)をセットアップしてください。

デジタルフォトフレームアプリのインストール

Raspberry PiでAndroidアプリが動作可能になったら、デジタルフォトフレームアプリである「タブレットdeフォトフレーム」をインストールしていきます。

アプリのインストール

①Playストアの起動

まずは、上でインストールした「Playストア」アプリを起動します。

②ログイン

次に、お使いのGoogleアカウントでログインします。

③アプリの検索

Play ストアの検索欄をタップし、「tablet photo frame」と入力して検索します。

④タブレットdeフォトフレームの選択

検索結果に「タブレットdeフォトフレーム」が出てくると思いますので、これを選択します。

⑤アプリのインストール

タブレットdeフォトフレームのページが表示されたら「インストール」ボタンをタップします。

⑥アプリの起動

アプリのインストールが完了したら「開く」ボタンをタップして、アプリを起動します。

アプリの設定

タブレットdeフォトフレームが起動したら、各種設定を行なっていきます。

①写真アクセスの許可

タブレットdeフォトフレームは、Raspberry Pi内に格納されている写真を表示するので、「デバイス内の写真やメディアへのアクセス許可・・・」の画面が表示されたら「許可」をクリックします。

②設定画面の表示

画面右上の歯車のアイコンをタップして、設定画面を表示します。

③表示する写真の設定

設定画面の左側のメニューから「写真データ設定」を選択し、デジタルフォトフレームとして表示する写真の格納先を選択します。SDカード内やGoogleフォトの写真だけでなくTwitterや写真サイト(PixabayやPexels)の写真も表示可能です。また、その他のメニューから、写真の表示方法や天気予報の表示設定などもできるので設定しましょう。設定が完了したら左下の「戻る」をクリックします。

④スライドショーの開始

設定が完了したら、画面中央に表示されている「再生」ボタンをクリックしましょう。

すると、写真がスライドショーされます!!これで、テレビをデジタルフォトフレームにできました!

おわりに

今回は、Raspberry Piを使って家のテレビをデジタルフォトフレームにする方法をご紹介しました。家にいる時間が長いからこそ、家の中を充実させたいですね。綺麗な風景や景色を眺めているとそれだけで、癒されたりしますね。

関連記事

Raspberry PiでAndroidアプリを動かす方法(LineageOS+OpenGApp)
Raspberry PiにLineageOSというAndroidの派生OSをインストールし、さらにOpenGAppというPlayストアの代替をインストールして、Raspberry PiでAndroidアプリを動作させる方法をまとめます。
FireHDタブレットと無料アプリで最強のデジタルフォトフレームを作る
使わなくなった古いFireHDタブレット(2017年度版)と無料アプリでデジタルフォトフレームを作ってみました。タブレットはパソコンのようなものなので、写真の表示だけでなく、天気予報やカレンダーも表示できちゃいます。専用のデジタルフォトフレームを買うより、安くて機能が良い物が作れると思います。
Raspberry PiにAlexaをインストールしてみる(ウェイクワードエンジン変更・感度調整・systemd設定)
やりたいことAmazon Alexaを利用したければ、Amazon Echoを購入するのが手取り早いのですが、Alexaの機能をいろいろカスタマイズしたい場合にはEchoではできません。そこで、今回はRaspberry PiにAl...
Raspberry PiとNode-redで、リビングに飾れる美しい「スマートホームコントローラ」を作ってみた
うちの子供達はリモコンが大好きで、すぐにどこかに持っていってしまいます。今回はスマートリモコン、Raspberry Pi、Node-redを使って、家中のリモコンを一つにまとめ、家電を一括操作できるスマートホームコントローラを作ってみたいと思います。
記事が参考になったら、ブログランキングに協力(クリック)して貰えると嬉しいです。
スポンサーリンク
naka-kazz

昼間はIT企業に勤めてますが、プライベートでは「育児×家事×IoT」をテーマに家のスマートホーム化に取り組んでいます。Androidアプリも作っているので使って下さい。質問・コメントは、↓のコメント蘭でもFacebookメッセンジャーでもどちらでも大丈夫です。
E-mail:naka.kazz.d@gmail.com

naka-kazzをフォローする
アプリスマートホーム
naka-kazzをフォローする
育児×家事×IoT

コメント

タイトルとURLをコピーしました